群馬県伊勢崎市・太田市・高崎市の学習塾「森大塾(しんだいじゅく)」ぐんま国際アカデミー・共愛学園・公立中高一貫受験対応

代表プロフィール

2020年06月17日 14:31:13 よもやま, 論理力養成講座

「何を聞かれているのか」正しく把握しよう

いつもありがとうございます。塾長の森です。

いわゆる「論理力」の一つとして、

「聞かれていること(質問されていること)を正しく把握する」という力があると思います。

 

例えば、以下のような問があったとします。

6年生が中心になって、運動会で全学年で一緒に踊るダンスの練習を行っています。その中で、「3年生が練習中ふざけてしまう」「3年生が恥ずかしがって踊らない」などの不満が出てきて、3年生を責める雰囲気が出来ていしまいました。あなたなら、この練習をまとめるリーダーとして、6年生にどのような声を掛けますか?(公立中高一貫校適性試験問題改)

 

さて、この問いに対して、どのような解答を考えるべきでしょうか。

実際に子供たちに解いてもらうと

・「他の学年がまじめにやっているのだから、3年生にもきちんとやってほしいと伝える」

というような解答が多くみられます。

 

ここで、問題になるのが「聞かれていることはなにか」ということ。

今回聞かれているのは、

「リーダーとして、6年生に対し、3年生がふざけたり恥ずしがったりしていることについて、どのような声掛けをするか」

ということ。

 

特に間違えやすいのは、

「誰に対して伝えるのか」の部分。

今回は、

ふざけている3年生ではなく、練習の中心になっている6年生に対して伝える

というところが間違えやすいポイントになります。

そのため、先ほど挙げた解答例である

・「他の学年がまじめにやっているのだから、3年生にもきちんとやってほしいと伝える」

というのは、「リーダーである自分が、直接3年生にこえかけをする」と読めるので、

「聞かれていること」に答えられていません。

 

こういった、「聞かれていること」を正しく把握するためには、俗にいう「5W1H」を使ってチェックをしていくとよいと思います。

例:

Who(だれ、人に関すること)

・だれが

・だれに対して

・誰のこと  etc….

 

ただ、なんとなく考えるのではなく、こういったフレームワークのようなものを使うことで、今回のようなミスは減らすことが出来ます。

みなさんのご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

森大塾では、無料体験を実施中です。

無料体験は授業時間以外でも受講可能です。
お気軽にお問い合わせください。

無料体験のお問い合わせはこちらから 無料体験実施中!!
無料体験のお問い合わせはこちらから

お電話にてお問い合わせの方は各校まで

伊勢崎校:0270-50-0169

電話受付時間:月~木/14:00~20:00、土/9:00~14:00

住所:群馬県伊勢崎市連取町3054-15(2015年9月26日新教室に引っ越しました)

太田校:0276-49-6416

電話受付時間:月~金/14:00~19:00

住所:群馬県太田市藤阿久町504-1(ぐんま国際アカデミーより徒歩3分)

高崎校:027-329-6320

電話受付時間:月~木/14:00~20:00、土/9:00~14:00

※開校日以外は伊勢崎校に転送します。

住所:群馬県高崎市新保町4-2