群馬県伊勢崎市・太田市・高崎市の学習塾「森大塾(しんだいじゅく)」ぐんま国際アカデミー・共愛学園・公立中高一貫受験対応

代表プロフィール

2020年01月21日 15:29:38 よもやま, コラム

そもそも「〇〇」って何?

いつもありがとうございます。塾長の森です。

先週の論理力養成講座で、

「2019年度の交通事故死亡者数が戦後最少を記録した。その理由は?」

というテーマを扱いました。

大体の子が、「追突防止機能などの技術が発展したから」というこたえ。

もちろん、それも大きな理由の一つだと思いますが、

みんな「知識として・体験として」知っているから導き出せただけで、

「論理的に考えている」とは言えない子が多かったように感じています。

 

「論理的に考える」方法はいろいろありますが、本来子供たちに、まずしてほしかったのは、

そもそも「交通事故で死亡する」とは、どういうことなのか。

と、分析するところから。

例えば、交通事故と一言でいっても

「自動車対自動車」「自動車対人」「自動車対バイク」「自転車対人」・・・

など様々なパターンに分類でき、それぞれにパターンについて考えてみる必要があるかもしれません。

 

また、「交通事故死亡者」とは何なのか?

文字通り「交通事故で亡くなった人」ではあるのですが、その判断基準は何か?

時間的な基準はないか(事故後、何時間以内、何日以内に亡くなったら事故死になる)

もしくは、時間的な基準はなく、死亡確認をした医師が判定するのか

など、「交通事故死亡者数の減少理由」を考える前に、確かめておくべき事項が出てくるはずです。

*実際のところ、「交通事故死亡者数」としてカウントされるのは、事故後24時間以内に亡くなった場合だそうです。そのため、もしかすると、「医療の進歩」も「交通事故死亡者数の減少」のひとつの理由として考えることができるかもしれません(今までは技術的に延命できなかった症例が、24時間以上延命できるようになった等)。

このように、こたえ(自分の意見)を導き出す「過程」を大事にし、「論理的に考える」練習をすることは、子供たちに将来のために、必要なことだと思います。

 

 

 

森大塾では、無料体験を実施中です。

無料体験は授業時間以外でも受講可能です。
お気軽にお問い合わせください。

無料体験のお問い合わせはこちらから 無料体験実施中!!
無料体験のお問い合わせはこちらから

お電話にてお問い合わせの方は各校まで

伊勢崎校:0270-50-0169

電話受付時間:月~木/14:00~20:00、土/9:00~14:00

住所:群馬県伊勢崎市連取町3054-15(2015年9月26日新教室に引っ越しました)

太田校:0276-49-6416

電話受付時間:月~金/14:00~19:00

住所:群馬県太田市藤阿久町504-1(ぐんま国際アカデミーより徒歩3分)

高崎校:027-329-6320

電話受付時間:月~木/14:00~20:00、土/9:00~14:00

※開校日以外は伊勢崎校に転送します。

住所:群馬県高崎市新保町4-2