群馬県伊勢崎市・太田市・高崎市の学習塾「森大塾(しんだいじゅく)」ぐんま国際アカデミー・共愛学園・公立中高一貫受験対応

代表プロフィール

2019年11月11日 21:59:47 コラム

大学入学共通テストの問題点は、中学受験でも同じ

いつもありがとうごさいます。塾長の森です。

「英語民間試験見送り」問題になってますね。

それと同じように問題視されているのが、「記述式」の問題。

————————————-

「英語の民間検定試験の導入が延期されることになった大学入学共通テストをめぐる問題で、来年度から新たに導入される国語の記述式問題でも複雑な採点方法に課題があり、批判や疑問の声が高まっていることが2日、分かった。野党側が追及する姿勢を強めており、今後の国会審議で争点になりそうだ。

来年度からの共通テストでは、従来のマークシート式に加え、国語と数学の一部で記述式の問題が出される。このうち国語の記述式は小問3題で、成績は点数化せず、各小問の評価を組み合わせた総合評価をA~Eの5段階で示すことになっている。

しかし、高校2、3年生を対象に昨年11月に実施した試行調査を検証したところ、評価方法が複雑なため参加者の約3割が正確に自己採点できなかった。本番で受験生は、採点結果が通知される前に出願する大学を決めなければならず、精度の高い自己採点ができないのは大きな問題だ。

また、最大50万人以上の答案を民間業者が短期間で採点するため、公平性などを不安視する声も根強い」

(産経新聞より引用)

————————————-

この問題点、私もずっと感じていまいた。

これは、四ツ葉や中央中等入試においても言えます。

記述式の問題、特に受験者(受検者)の意見を問う問題の採点ですが、

採点基準はあったとしても、実際、採点をする人によって、評価が変わってしまうと思います。

懸念事項としては、

・採点者の主観が入る(意図せず、自分と同じような意見に対して高評価をつけてしまう)

・採点者の論理的思考レベルが一定でない(採点者のレベルによって、採点基準が変わってしまう)

こと。

 

公立中高一貫校の試験問題は、すばらしい問題だと思いますが、

「試験として使用するのは、どうかな?」と個人的には思います。

試験ではなく、授業の中で使用するには、最高の教材なのですが。。。

「誰が採点するか」によって、子供の将来が左右されるのはかわいそうですよね。

 

根本的に解決すべきことは、入口の「試験」ではなく、入った後の「授業」の質ではないでしょうか。

 

 

 

森大塾では、無料体験を実施中です。

無料体験は授業時間以外でも受講可能です。
お気軽にお問い合わせください。

無料体験のお問い合わせはこちらから 無料体験実施中!!
無料体験のお問い合わせはこちらから

お電話にてお問い合わせの方は各校まで

伊勢崎校:0270-50-0169

電話受付時間:月~木/14:00~20:00、土/9:00~14:00

住所:群馬県伊勢崎市連取町3054-15(2015年9月26日新教室に引っ越しました)

太田校:0276-49-6416

電話受付時間:月~金/14:00~19:00

住所:群馬県太田市藤阿久町504-1(ぐんま国際アカデミーより徒歩3分)

高崎校:027-329-6320

電話受付時間:月~木/14:00~20:00、土/9:00~14:00

※開校日以外は伊勢崎校に転送します。

住所:群馬県高崎市新保町4-2