群馬県伊勢崎市・太田市・高崎市の学習塾「森大塾(しんだいじゅく)」ぐんま国際アカデミー・共愛学園・公立中高一貫受験対応

代表プロフィール

2020年03月14日 21:11:29 よもやま, コラム

「読解力」を育てよう

いつもありがとうございます。塾長の森です。

最近の投稿は、コロナの話題ばかりになってしまったので、別の話題を。

 

塾の役割の一つとして、「自学できる力を育てる」ということはとても大切なことだと思っています。

特に中学生以降になると、学ぶ教科が増えるため、小学生の時のように、すべての教科を講師がつきっきりで教えることが難しくなります(可能ではありますが、金額的には。。。。)。

そのため、小学生のうちから「自学力」を育て、自分で学ぶことができるようになることが求められます。具体的には、「解説や参考書を読んで理解する力」を育てていきたいです。

そのために必要なのは「読解力」。

読解力は、すべての教科のベースにあるものです。だからこそ、「国語」を学ぶことは、非常に大切なことだといえます。

「読解力」はすぐに身につくものではありません。余裕がある小学生のうちからコツコツ学習を進めていきましょう。

 

 

 

 

2020年02月27日 17:21:59 よもやま, コラム

勉強の「タイミング」を見直そう

いつもありがとうございます。塾長の森です。

勉強は

・どれくらいやるのか(量)

・誰に教わるのか(質)

も大事ですが、「タイミング」も大切です。

例えば、

・復習のタイミング

「当日、1日後、3日後、1週間後、1か月後、3か月後」がおすすめ。

・学習のタイミング

「暗記ものは、寝る前」がおすすめ。

 

等、勉強をするベストなタイミングが存在します。

 

1つの教科に充てられる時間は、学年が上がれば上がるほど減ってしまいます。

ベストなタイミングで勉強をして、効率よく、身につけていきましょう。

 

2020年02月06日 19:53:18 よもやま, コラム, 合格速報

徳島君からの手紙

いつもありがとうございます。塾長の森です。

先日、見事に開成中に合格した、徳島くんから手紙をもらいました。

せっかくですので、ブログで文面を紹介させていただきます。

—————————————————-

森大塾 森大輔先生

 

年中より8年間、ご指導頂き有難う御座いました。開成中学に合格できた一番の勝因は、小3からの論理クラスだったと思います。

 

論理的思考は4教科全ての学習に共通し、特に今回の開成入試問題のような深い意味を読み取る力が問われる出題には遺憾なく発揮できたと思います。

 

また、小学2年生の時に英検2級、小学5年生の時に全国統一テスト6位入賞、算数オリンピック決勝など、僕の可能性を見出し次々に結果を与えて下さった事は、今後の僕の自信にも繋がりました。

 

受験日まで残り1か月、先生と特訓した算数は、人生を決める貴重な時間でした。一緒に勉強した角速度が入試でそのまま出た時、心の中でガッツポーズをしていました。感謝しきれません。本当に有難うございました。

 

徳島顯眞

—————————————————-

てるちゃんありがとう!

先生自身もてるちゃんを教えることによって、成長させてもらいました。

また、「論理的思考」の重要性について、そこまで実感してくれていたことに感激です。

てるちゃんの言う通り、「どの教科にも」「どんな場面でも」必要になる力だと思います。今後も、その強みを活かして、さらなる高みにチャレンジしてください!

2020年02月03日 21:23:17 コラム, 合格速報

私立中難関校入試結果

いつもありがとうございます。塾長の森です。

先週末は、首都圏の私立中入試日でした。

・徳島くん 開成中合格

・Tさん 豊島岡女子中合格

2人ともよく頑張りました!!

中学受験の最高峰に果敢にチャレンジし、見事合格。お見事!!

いうまでもなく本人たちの努力・保護者の方のサポートがあったからこそ合格できたのですが、私個人としても、2人から「先生のおかげで合格できました」と言ってもらえたことが、本当にうれしかったです。

中学生になるまでの2か月、今まで勉強しかできなかった分、様々なことを経験してください。そして、また新しい目標に向かって、チャレンジしていきましょう。

 

 

 

 

 

2020年01月21日 15:29:38 よもやま, コラム

そもそも「〇〇」って何?

いつもありがとうございます。塾長の森です。

先週の論理力養成講座で、

「2019年度の交通事故死亡者数が戦後最少を記録した。その理由は?」

というテーマを扱いました。

大体の子が、「追突防止機能などの技術が発展したから」というこたえ。

もちろん、それも大きな理由の一つだと思いますが、

みんな「知識として・体験として」知っているから導き出せただけで、

「論理的に考えている」とは言えない子が多かったように感じています。

 

「論理的に考える」方法はいろいろありますが、本来子供たちに、まずしてほしかったのは、

そもそも「交通事故で死亡する」とは、どういうことなのか。

と、分析するところから。

例えば、交通事故と一言でいっても

「自動車対自動車」「自動車対人」「自動車対バイク」「自転車対人」・・・

など様々なパターンに分類でき、それぞれにパターンについて考えてみる必要があるかもしれません。

 

また、「交通事故死亡者」とは何なのか?

文字通り「交通事故で亡くなった人」ではあるのですが、その判断基準は何か?

時間的な基準はないか(事故後、何時間以内、何日以内に亡くなったら事故死になる)

もしくは、時間的な基準はなく、死亡確認をした医師が判定するのか

など、「交通事故死亡者数の減少理由」を考える前に、確かめておくべき事項が出てくるはずです。

*実際のところ、「交通事故死亡者数」としてカウントされるのは、事故後24時間以内に亡くなった場合だそうです。そのため、もしかすると、「医療の進歩」も「交通事故死亡者数の減少」のひとつの理由として考えることができるかもしれません(今までは技術的に延命できなかった症例が、24時間以上延命できるようになった等)。

このように、こたえ(自分の意見)を導き出す「過程」を大事にし、「論理的に考える」練習をすることは、子供たちに将来のために、必要なことだと思います。

 

 

 

森大塾では、無料体験を実施中です。

無料体験は授業時間以外でも受講可能です。
お気軽にお問い合わせください。

無料体験のお問い合わせはこちらから 無料体験実施中!!
無料体験のお問い合わせはこちらから

お電話にてお問い合わせの方は各校まで

伊勢崎校:0270-50-0169

電話受付時間:月~木/14:00~20:00、土/9:00~14:00

住所:群馬県伊勢崎市連取町3054-15(2015年9月26日新教室に引っ越しました)

太田校:0276-49-6416

電話受付時間:月~金/14:00~19:00

住所:群馬県太田市藤阿久町504-1(ぐんま国際アカデミーより徒歩3分)

高崎校:027-329-6320

電話受付時間:月~木/14:00~20:00、土/9:00~14:00

※開校日以外は伊勢崎校に転送します。

住所:群馬県高崎市新保町4-2